• リース
  • 物流機器販売
  • パレットレンタル
  • コンテナ販売・レンタル

リース(リース営業部)効率化で時代の先端へ!リースで企業経営を助太刀します。

ホーム>リース

リース

中日本バンリースは、事務機器、通信機器、産業用機械、商業用設備、輸送用機器などを中心に、お客様が選定されたあらゆる物件にリースの対応を行っています。なかでも、自社内に販売部門を持つため物流機器・省エネ機器などのリースの実績も多数あります。

『効率化と先端化』を追求し続けるお客様に対し、「購入(取得)」というかたちではなく「借りて、使用(リース)する」メリットをご提案し、企業経営をサポートしています。

リース対象物件

中日本バンリースは、以下のような、幅広い物件のリースを取り扱い、変化する時代の中で多様化し高度化するお客様のニーズにお応えします。

情報通信機器

パソコン、サーバー、ルーター、電話設備、
LAN設備、プリンター、複合機、無線機、等

物流機器

ラック、自動倉庫、台車、コンテナー、
ベルトコンベア、パレット、等

産業用機械

飲料・食品製造ライン、
印刷機械、工作機械、等

商業用設備

店舗設備、娯楽機械、厨房設備、
冷凍冷蔵庫、レジスター、自動販売機、
防犯カメラ、等

建設土木機械

クレーン、ショベルカー、
杭打機等各種建設機械

輸送用機器

乗用車、貨物自動車、船舶、航空機、等
※メンテナンスサービス付
カーリースもございます。

省エネ機器

LED照明機器、太陽光発電設備、等

リースのメリット

リースには、お客(ユーザー)様、メーカー・ディーラー様の立場で、それぞれ次のようなメリットがあります。リースによるメリットをご納得いただいて、企業経営をサポートします。

お客様にとってのメリット

1.コストコントロール
一部を除いて、定額のリース料を経費処理できるため、コスト把握が容易になり設備投資などの経営計画が立て易くなります。
2.資金の効率的運用
設備導入時に多額の初期費用を必要としないため、先端高度化への高額な設備投資も可能となり、また経営資金を効率的に運用することができます。
3.陳腐化への弾力的対応
設備の使用予定期間に合わせてリース期間を設定することができ、陳腐化にも弾力的に対することができます。リース期間は、法定耐用年数の70%(法定耐用年数10年以上のものは60%)以上となります。
4.事務管理の省力化・コスト削減
固定資産税や自動車税、保険等に係る申告・納付手続きは、物件の所有者である当社が行いますので、お客様はリース料の支払いだけで済み、設備所有に伴う事務管理の省力化・コスト削減が図られます。
5.車両管理業務の軽減(メンテナンス付カーリース)
車両については、メンテナンスサービス付リースをご利用いただくことで、法定点検や整備等の維持管理業務を当社が確実に実施し、お客様は煩わしい業務から解放されます。お客様には、メンテナンスの行き届いた車両を安心してご利用いただくことができます。
6.環境関連法令への適切な対応
リース期間終了後、物件はリース会社(中日本バンリース)にご返却いただきますので、お客様には物件の廃棄処分手続きの煩雑な手間は発生しません。当社が、環境関連法令に則った廃棄処理体制の下、適正にリース終了物件を処理いたします。

メーカー・ディーラー様にとってのメリット

1.販売代金の一括回収・信用リスクの回避
メーカー・ディーラー様は、リース会社(中日本バンリース)との間で売買契約を締結し物件代金をリース会社から一括回収できるため、キャッシュフローに余裕が生まれます。また、お客様に対する与信管理が必要なくなります。
2.効果的な販売促進
メーカー・ディーラー様は、お客様にとって上記のような多くのメリットがあるリースを提案いただくことで、効果的な販売促進に繋げられる可能性が高まります。
3.計画的な販売活動
お客様の物件差替え時期を事前に把握することができるため、計画的な販売活動ができます。