リース


効率化で時代の先端へ!
リースで企業経営をサポートします。

リース対象物件

中日本バンリースは以下のような幅広い物件のリースを取り扱い、変化する時代の中で多様化し高度化するお客様のニーズにお応えします。

リース取り扱い一覧リース取り扱い一覧

パソコン

パソコン

通信機器

通信機器

複合機

複合機

ラック

ラック

自動倉庫

自動倉庫

飲料・食品
製造ライン

飲料・食品製造ライン

店舗設備

店舗設備

娯楽機械

娯楽機械

乗用車

乗用車

航空機

航空機

リースのメリット

リースには次のようなメリットがあります。リースによるメリットをご納得いただいて、企業経営をサポートします。

お客様にとってのメリットお客様にとってのメリット

1
コストコントロール

一部を除いて、定額のリース料を経費処理できるためコスト把握が容易になり、設備投資などの経営計画が立て易くなります。

2
資金の効率的運用

設備導入時に多額の初期費用を必要としないため、高額な設備投資も可能となり、また経営資金を効率的に運用することができます。

3
事務管理の省力化・コスト削減

固定資産税や自動車税、保険等に係る申告・納付手続きは、物件の所有者である当社が行いますので、お客様はリース料の支払いだけで済み、設備所有に伴う事務管理の省力化・コスト削減が図られます。
車両については、メンテナンスサービス付リースをご利用いただくことで、法定点検や整備等の維持管理業務を当社が確実に実施し、お客様は煩わしい業務から解放されます。お客様には、メンテナンスの行き届いた車両を安心してご利用いただくことができます。

リースのしくみ

リースのしくみ
1.物件の選定
メーカー・ディーラー様との間で、お客様の希望する物件を選定していただきます。
2.リースの申込・ユーザーの信用審査
お客様から当社にリースのお申し込みをいただき、お客様の信用等を審査させていただきます。
3.リース契約
お客様と中日本バンリースとの間で契約を締結します。
4.売買契約
メーカー・ディーラー様と当社との間で契約を締結します。
5.物件納入
メーカー・ディーラー様からお客様へ直接物件が納入されます。
6.物件代金の支払い
当社よりメーカー・ディーラー様へ支払います。
7.リース料の支払い
毎月お客様から当社へお支払いいただきます。
  • ※物件には、所有者である当社が動産総合保険を付保します。
  • ※物件に係る固定資産税の申告・納付等の手続きは、物件の所有者である当社が行います。
  • ※物件の保守契約は、お客様とメーカー・ディーラー様とで直接締結していただきます。

Q&A

Q.リース物件の保守についてリースに含めることは出来ますか?
  • A.出来ません(車のメンテナンスリースは除く)。期間中の物件の保守・メンテナンス等については原則としてお客様にて行っていただきます。
    物件を納入されたサプライヤー様に直接修理のご相談をお願いします。
Q.リースを希望する場合、審査はありますか?
  • A.お見積書ご提示の前に審査がございます。
Q.審査には何が必要ですか?
  • A.勘定科目明細付き決算書3期分のご提示をお願いします。
Q.リース物件の買取は出来ますか?
  • A.基本的には出来ません。
Q.不動産のリースは出来ますか?
  • A.当社での取り扱いはありません。必要に応じ提携リース会社をご紹介させていただきます。

TOP